SPONSERED LINK

自動で点灯!クロップス(Crops)proEZ400muテールライトが良い感じ。

こんにちは!こん@kon_roadbike)です。

テールライトを新しくしました!暗いところで自動で点灯するものが欲しくてw

こちらのブラックを買いました。

ちなみに、以前はこちらを使っていました。

talelight (13)

電池式です。可もなく不可もなく、シンプルなものです。

SPONSERED LINK

Crops(クロップス) proEZ400muテールライトのメリット!

自動で点灯。突然のトンネルにも困らない。

暗い場所に入ると、自動で点灯します。実際に使ってみましたが、今のところちゃんと動いてくれています(*・∀-)b

突然トンネルに入ったりすると、テールライトを点けるのにちょっと困っちゃうのですよねw簡単に手が届く場所に付けられれば良いのですが、残念ながら私の場合はウマイ場所がなくて。

ちなみに、一時期サドルにつけるタイプを使っていました。サドルを手で探れば良いので、なかなか使いやすいライトでした。

が、オルトリーブのサドルバッグのアタッチメントをつけたところ、一度入れると簡単に抜けないくらい干渉するようになってしまいましたw

まあ、そもそもサドルバッグが邪魔になって、ライトが見えなくなってしまいますしね。

テールライトをサドルバッグに付けようかな、とも思いました。しかし、小さいサドルバッグと大きいサドルバッグ、2種類をよく付け替えるので、その度にテールライトを付け替えるとなるとちょっと面倒です。

だからと言って、トンネル前でライト点けるために止まるのも面倒くさいし…ということで、オート点灯にしました。

ちなみに、オート点灯を解除し忘れると、輪行袋の中で光りますwおじちゃんが「ライト点いてるよw」と声をかけてくれました。

talelight

軽い!USB充電。

USB充電なので電池がいりません。重量は20gほど。軽い!

充電が完了したかどうかも、ライトが点灯して教えてくれるので、とっても分かりやすいです。

talelight (1)talelight (2)

(とってもぶれててスミマセン。)

電池の残量がすぐ分かりやすい。

電池の残量がすぐ分かります。ボタンを2秒押すだけ。

talelight (5)

このボタン。

talelight (6)

押してみます。

talelight (3)

全部光りました。フル充電です。

talelight (4)

電池式だとこういう機能をあまり見かけないので、ありがたい!突然電池切れして慌てずに済むので、良さ気です。

(まあ電池式だったら、コンビニで電池買えば良いのでそんなに危機的状況にはならないと思いますけどね!w)

大きさが丁度良い。

大きさが丁度いいかんじ!サイズは、68.0×24.0×19mm。

talelight (12)

他にもこれらが候補に上がっていたのですが、ちょっと大きいので断念しましたw

注意点。バンドの直径が大きい。

シートポストに取り付けるなら丁度いいのですが、シートステーに付けようとするとこんな感じになります。

crops

結構隙間があいてます。ので、黒い結束バンドを滑りこませて、止める予定です。

まとめ。

クロップスのオート点灯ライト、今んトコいいかんじです!おすすめー!

お気に入りロードバイク用品
[心拍計]Garmin vivosmart HR Jインプレ
[輪行袋]ポケットインが軽くてイイ!
[夏用インナー]パールイズミのクールフィットドライUVがおすすめ!


人気記事

坂を楽に登るには?ヒルクライム講座で習ったことをまとめ
[2017年上半期]買ったものまとめ[随時更新]
[ガーミン比較]1000J、820J、810J、520Jメリット・デメリットまとめ


\最後まで読んで頂きありがとうございます/
↓最後にクリック!して頂けると励みになります!

にほんブログ村 自転車ブログへ

SPONSERED LINK