こんにちは!こんです。

友達で、美ら海センチュリーランに行き、旅先である沖縄でディレーラーハンガーを壊して、大変な目にあった人がいました。



先日、私も初めてディレーラーハンガーをポッキリやって、いくつか痛感したことがあったので、

「みんなも気をつけて!」

ということで書きます。

 

参考記事:ディレーラーハンガーが突然ポッキリ折れた!!!ライド!

普段でも、旅先でも、起きない保証は無いので、しっかり対策しておくのがオススメです…!

【1】自分で交換できるように、普段からディレーラーハンガーの予備を持つ。

普段からツールボックスなどに、ディレーラーハンガーの予備を持つのがオススメです。

私も、予備用として、もうひとつ買いました。

photo(8)

今回は、ビアンキ自由が丘店に在庫があったので、当日のうちに取り替えてもらうことができました。

でもディレーラーハンガーは、色々種類があって、車体によって合うものがかなり違うそうで。(通販で買おうにも、私分からなそうだな。)

取り寄せなことはしょっちゅう、悪ければ、生産終了の場合もあるそうです…!

実際、ワイズロード新宿店に電話したときは、

「取り寄せるまで10日以上かかります。」

と言われました。

みんなで行った旅行で、ディレーラーハンガー壊して、「取り寄せです」とか言われたら…テンションガタ落ちだわ…!Σ(゚Д゚)

普段から予備を持っておこうと誓いました…!

【2】自転車保険はロードサービス付きがおすすめ!

自転車保険で一番重視すべきは、損害補償の部分だと思います。
そこがクリアされている保険なら、ロードサービス付きのものが良いと思いました。

au損保や、自転車あんしんパスポートだと、ロードサービスが付いているようです。私は、セブンイレブンの自転車保険に入っているのですが(手続きが簡単だったから)、ロードサービスは付いていません。

とはいえ、ローディ仲間からは、

「ロードバイクは運んでくれるけど、人は運んでくれない」
「色々言って迎えに来てくれなかった」

などなど、色んな声を聞くので、「あったら便利」程度に思っておくのが良いかも…と思っています。

【3】自転車事故対策。定期的に点検をしておく。

今回ディレーラーハンガーだけかと思ったら、実はディレーラーも傷んでいたり、ワイヤーも伸びていたり裂けていたり、車体が全体的にダメージを受けていたようでした。

 

ということで、ワイズロードに点検に出しました。

500~51,400円越えまで色んなプランがあります。

参考記事:Y’s Techオーバーホールメニュー

 

私は約一年乗ってて、一度も点検に出したことがありませんでした。なんかおかしいなと思ったら、すぐお店に行けばいいや!と思って。

でも、今回のことで、安全のために、定期的に行っておこうと感じました。半年に一度くらいは、行っておこうかな。。。

まとめ。 安全なロードバイクライフを…!

何はともあれ、今回は事なきをえましたが、

輪行袋が無くて、サイクルショップが近くに無くて、iPhoneの電池が切れてて、一人だったら確実にオワってました…!

誰にでも起こることだと思うので、みなさんも、気をつけてくださいねヾ(・ω・)

SPONSERED LINK

お気に入りロードバイク用品
Garmin vivosmart HR Jインプレ!手首心拍計測が快適すぎる。
今まで買ったロードバイク用品50品まとめてみた
女性ローディ的日焼け対策グッズまとめ。日焼けしたくないけど走りたい!w

人気記事
坂を楽に登るには?ヒルクライム講座で習ったことをまとめてみた!
葛西臨海公園~江戸川CR~利根川CR~高崎シャンゴ風スパゲティライド!